ポイント10倍セール中! 大感謝ポイント祭!
2022年1月31日まで

医療用スクラブ・ナースウェア販売、オリジナル刺繍加工・プリント加工

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

スクラブにプリント加工をしてオリジナルスクラブに!プリント加工のメリット・デメリットは?



こんにちは!スクラブストアの藤原です。


以前、オリジナルスクラブについては、「スクラブに刺繍をしてオリジナルスクラブに!」でお話しましたが、


今回は、


オリジナルスクラブを作りたい。

でも刺繍じゃなくTシャツに入っているようなプリントでやってみたい。


でも、、、


・プリントってどんなことができるの?

・種類は?

・デザインてどうすれば?

・費用ってどのくらいかかるの?

・お高いのでは?


という疑問があると思います。


こちらを解決できるよう、ご説明させて頂きたいと思います。


プリント加工のメリットとデメリット


オリジナルスクラブを作成する際にする加工は、大きくわけて2種類です。


刺繍とプリント加工になります。


医療施設などでは、徹底した衛生管理が求められるため、繰り返しの洗濯やクリーニングの耐久性が必要となります。


刺繍は、縫い付けるため耐久性は充分といえます。


プリント加工も、洗濯にも強いのでガシガシ洗っても大丈夫ですが、一部の工業用洗濯が必須の施設ではおすすめできません。


熱に弱い面を持っていますので、業務用の洗濯では剥がれやすくなってしまう可能性があります。


ただ、刺繍ではできない細かいデザインを施したい場合やたくさんの色を使いたい場合は、プリントをおすすめします。


プリント加工は、いくつか種類があります。


弊社で行っている3つの加工方法をご紹介したいと思います。


最も一般的な加工方法のシルクプリント



シルクプリントとは、専用の版を使いインクを刷り込む方法です。


Tシャツなどに加工されているプリントの多くはこちらの加工になります。


専用の版を使うので、版代がかかるお店がほとんどです(大体6千円台~)。


色を複数使う場合は、色数分の版を作成します。


3色の場合は、3枚の版を使用しますので、3枚分の版代が発生します。


また、枚数が多くなればなるほどプリント代もお安くなります。


1色で30枚以上注文されるならシルクプリントが良いでしょう。


少ない色数で、たくさんの注文をする場合に良い加工方法です。


弊社の参考価格になりますが、背中に1色で30枚のプリントだと、1枚あたり660円3色だと1,078円です。


逆に10枚未満だと、1色で3,850円3色で4,950円になります。


枚数が増えれば増えるほど、お得です。


※弊社では版代が初回無料キャンペーン中!


転写シート圧着



転写シート圧着とは、糊のついたシートにデザインを印刷し、熱プレスで圧着する加工方法です。


見た目は、シルクプリントとあまり変わりありません。


色数の制限もないので、写真や絵など多色の表現に適しています。


シルクプリントではできない、複雑なデザインをキレイにプリントできます


多色プリントをお安くプリントできます。


また10枚以下など、枚数が少ない場合、こちらのほうが安くできる場合があります


弊社の参考価格ですが、背中に入れる場合1枚で3,300円30枚だと1枚あたり1,760円です


色数にもよりますが、4色以上や枚数が少ない場合は、転写シート圧着がおすすめです



昇華転写プリント


こちらは、ポリエステル100%で白い生地のみに限られます


専用のシートに柄を印刷し熱プレスで生地に昇華させます。


生地の風合いを損ねず、色数も気にせずフルカラーでのプリントが可能です


写真も可能です


白いスクラブや、素材に綿が入っていない白衣で、多色プリントの場合は、こちらをおすすめします。



また、ワッペンタイプも可能です。


プリント用の白生地(ポリエステル100%)に染料を染みこませるプリントです。


刺繍ではできない複雑なデザインをキレイにワッペンに出来ます


こちらは、カラースクラブに貼り付けするので、どんなカラーのスクラブでも可能です。


弊社の参考価格は、背中に入れる場合1枚3,300円。30枚だと1枚あたり1,210円。白いスクラブに多色プリントする場合は、こちらをお勧めします。


ワッペンの参考価格は、サイズが幅8cm×高さ8cmのワッペン作成で、1枚1,980円。30枚で990円です。



さいごに


今回は、オリジナルスクラブを作成する際の、プリントの違いについてお話しました。


たくさんの注文でスクラブに加工をするなら、断然プリントがお得です。


プリントの種類はなかなか複雑ですが、思い通りのデザインに仕上がってきたらとても嬉しいですよね。


チームの制服ですから、やる気や団結力にもつながります。


もし迷っている方や、検討中の方の参考になれば幸いです。


まずはお店に相談をしてお見積りをしてみてください!


検索

タグ

ピックアップ Pick up

【刺繍加工・プリント加工】版代・デザイン代無料キャンペーン中!

8,000円以上お買い上げで送料無料!

ブログ Blog
  • チュニックやワンピースから切り替えやすい白いスクラブ

    こんにちは!スクラブストアの藤原です。最近は、カラフルなカラースクラブを着用している医療関係の施設が増えていると思います。ですが、まだチュニックやワンピースを着用されている施設もあるのではないでしょうか。カラースクラブは、「派手に見えるのでは?」とか、「医療施設ならやっぱり見た目も清潔感のある白でしょ。」など、白を選ぶ理由が様々あると思います。今回は、従来のナースウェアとして使われていた白いチュニックやワンピースから切り替えのしやすい白いスクラブについて紹介していきたいと思います!チュニックやワンピースのように着脱しやすいジップスクラブがおすすめまず、今回紹介するスクラブに共通するのが、ジップスクラブであるという点です。皆さんの思い浮かぶスクラブは、手術着で見られる被るタイプのものではないでしょうか。被るタイプですと、髪型やメイクが崩れてしまったり、襟にファンデーションがついてしまう心配がありますよね。とくに急いでいるときは煩わしく感じてしまう場合もあるでのはないでしょうか。その点ジップスクラブですと、チュニックやワンピースの時と同じように着脱はしやすくなっています。1.白衣とスクラブのハイブリット。男女お揃いで着用できるホワイトジップスクラブ【7052SC・7053SC】【7059SC・7060SC】先にお話した通りジップアップスクラブになっています。男女で違うのは、ジップアップの位置が女性は左側、男性は右側になっています。衿はないですが、白地にダークネイビーかガーネットのシックな差し色で、清潔感・カッチリ感のあるデザインになっています。7052SC FOLK レディスジップスクラブ7059SC FOLK レディスジップスクラブ7053SC FOLK メンズジップスクラブ7060SC FOLK メンズジップスクラブ主な機能・左胸ポケット・右脇下には、重量拡散ポケットになっている携帯電話用のポケットやりたがりそう(重さを分散してくれます)・両脇ポケット(タブレットも入ります)・右脇ポケットの中に小分けポケットと上にループ付き2.チュニックから切り替えしやすい衿付きのレディスジップスクラブ【2018EW】ほとんどのチュニックは衿付きが多いので、こちらのデザインは近い感じになっていますので、初めて切り替える方には入りやすいデザインかもしれません。衿付きだとストラップを首にかける際、衿の下に掛けらるので衛生的です。肌に直接触れるとストラップが黒ずんできたりしますが、そういう心配もありません。男女お揃いで着用できますが、男性用(1016EW)は、衿はありません。2018EW FOLK レディスジップスクラブ1016EW FOLK メンズジップスクラブ主な機能・左胸ポケット・右脇下に携帯電話ポケット・両脇ポケット・右脇ポケットの中に小分けポケットと上にループ付き3.斜めの配色ラインで女性らしさを表現したレディスジップスクラブ【7083SC】こちらは、4色展開されていますが、その中の2つが白地にサックスかローズを配色したデザインです。白地ベースのデザインは、優しい色合いで爽やかな印象で、施設内を明るくしてくれます。後身頃の縦にかけての縦ラインの配色もスポーティさを演出しています。2021年新商品です。7083SC FOLK レディスジップスクラブ主な機能・バックネックループ付き(後ろの衿ぐりのループで、ストラップのズレを防止)・左胸ポケット・袖下ゴム(袖口の開きを抑える)・両脇ポケット(左右内ポケットあり)さいごに今回は、チュニックから切り替えやすい白いスクラブをご紹介しました。まずは白いスクラブから切り替えて、カラースクラブへと切り替えていくのはいかがでしょうか。カラフルな色になると、それだけで施設内の印象も変わります。改装をしたりするより簡単にイメージを変えられるので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

    もっと読む
  • お年玉100円クーポン差し上げております【1/15まで】

    新年明けましておめでとうございます。本年も、お客様に喜んでいただくことを第一に考え、社員一同努めて参りますので、本年も「スクラブストア」をご愛顧頂きますようお願い申し上げます。日頃ご利用いただいている皆様への感謝の気持ちを込めまして、お年玉100円OFFクーポンをプレゼントさせていただきます!↓クーポンコード↓2022hny先着5000枚、会員様が利用可能です2022/1/15までこの機会に是非ご利用ください!

    もっと読む
  • スクラブにプリント加工をしてオリジナルスクラブに!プリント加工のメリット・デメリットは?

    こんにちは!スクラブストアの藤原です。以前、オリジナルスクラブについては、「スクラブに刺繍をしてオリジナルスクラブに!」でお話しましたが、今回は、オリジナルスクラブを作りたい。でも刺繍じゃなくTシャツに入っているようなプリントでやってみたい。でも、、、・プリントってどんなことができるの?・種類は?・デザインてどうすれば?・費用ってどのくらいかかるの?・お高いのでは?という疑問があると思います。こちらを解決できるよう、ご説明させて頂きたいと思います。プリント加工のメリットとデメリットオリジナルスクラブを作成する際にする加工は、大きくわけて2種類です。刺繍とプリント加工になります。医療施設などでは、徹底した衛生管理が求められるため、繰り返しの洗濯やクリーニングの耐久性が必要となります。刺繍は、縫い付けるため耐久性は充分といえます。プリント加工も、洗濯にも強いのでガシガシ洗っても大丈夫ですが、一部の工業用洗濯が必須の施設ではおすすめできません。熱に弱い面を持っていますので、業務用の洗濯では剥がれやすくなってしまう可能性があります。ただ、刺繍ではできない細かいデザインを施したい場合やたくさんの色を使いたい場合は、プリントをおすすめします。プリント加工は、いくつか種類があります。弊社で行っている3つの加工方法をご紹介したいと思います。最も一般的な加工方法のシルクプリントシルクプリントとは、専用の版を使いインクを刷り込む方法です。Tシャツなどに加工されているプリントの多くはこちらの加工になります。専用の版を使うので、版代がかかるお店がほとんどです(大体6千円台~)。色を複数使う場合は、色数分の版を作成します。3色の場合は、3枚の版を使用しますので、3枚分の版代が発生します。また、枚数が多くなればなるほどプリント代もお安くなります。1色で30枚以上注文されるならシルクプリントが良いでしょう。少ない色数で、たくさんの注文をする場合に良い加工方法です。弊社の参考価格になりますが、背中に1色で30枚のプリントだと、1枚あたり660円。3色だと1,078円です。逆に10枚未満だと、1色で3,850円。3色で4,950円になります。枚数が増えれば増えるほど、お得です。※弊社では版代が初回無料キャンペーン中!転写シート圧着転写シート圧着とは、糊のついたシートにデザインを印刷し、熱プレスで圧着する加工方法です。見た目は、シルクプリントとあまり変わりありません。色数の制限もないので、写真や絵など多色の表現に適しています。シルクプリントではできない、複雑なデザインをキレイにプリントできます。多色プリントをお安くプリントできます。また10枚以下など、枚数が少ない場合、こちらのほうが安くできる場合があります。弊社の参考価格ですが、背中に入れる場合1枚で3,300円。30枚だと1枚あたり1,760円です。色数にもよりますが、4色以上や枚数が少ない場合は、転写シート圧着がおすすめです。昇華転写プリントこちらは、ポリエステル100%で白い生地のみに限られます。専用のシートに柄を印刷し熱プレスで生地に昇華させます。生地の風合いを損ねず、色数も気にせずフルカラーでのプリントが可能です。写真も可能です。白いスクラブや、素材に綿が入っていない白衣で、多色プリントの場合は、こちらをおすすめします。また、ワッペンタイプも可能です。プリント用の白生地(ポリエステル100%)に染料を染みこませるプリントです。刺繍ではできない複雑なデザインをキレイにワッペンに出来ます。こちらは、カラースクラブに貼り付けするので、どんなカラーのスクラブでも可能です。弊社の参考価格は、背中に入れる場合1枚3,300円。30枚だと1枚あたり1,210円。白いスクラブに多色プリントする場合は、こちらをお勧めします。ワッペンの参考価格は、サイズが幅8cm×高さ8cmのワッペン作成で、1枚1,980円。30枚で990円です。さいごに今回は、オリジナルスクラブを作成する際の、プリントの違いについてお話しました。たくさんの注文でスクラブに加工をするなら、断然プリントがお得です。プリントの種類はなかなか複雑ですが、思い通りのデザインに仕上がってきたらとても嬉しいですよね。チームの制服ですから、やる気や団結力にもつながります。もし迷っている方や、検討中の方の参考になれば幸いです。まずはお店に相談をしてお見積りをしてみてください!

    もっと読む
新着情報 News

ページトップへ